現在位置: ホーム 在学生の方 実習について

実習について

諸実習について

 特別支援教育教員養成課程の学生は、以下の4つの実習を行うことが必要です。

  • 体験実習(1年次)
  • 基礎実習(2年次)
  • 基礎免にかかる教育実習(3年次)
  • 特別支援学校での教育実習(3年次)

 

特別支援学校での教育実習

おおよその時期事項
実習前年度の7月頃特別支援学校での教育実習への「教育実習参加届」の提出
実習前年度の12月頃「特別支援学校教育実習希望調査」の提出
実習希望校等の調査です
実習年度の4月頃実習校の決定
9月下旬から特区別支援学校教育実習

 これ以外にも、教育実習の事前指導および事後指導等があります。教育実習は、事前指導および事後指導をあわせた単位となりますので、事前・事後指導を欠席した場合には、単位が認定されません。

 

実習にあたって

 実習にあたっては、最低限、事前指導で指導されたことは遵守してください。
 特に服装(頭髪、アクセサリー等を含む)、ことば遣い、あいさつ、実習校での身辺の整理等は十分に注意してください。事前指導等で指導されたことが遵守できない場合、実習が継続できない場合があります。

 

福岡県内の特別支援学校へのリンク

 

EstateLite Plone Theme by Quintagroup © 2005-2012